HSPの特徴

【HSPの特徴】無理をして限界まで頑張り、疲れきってしまう

疲れてぼんやりする女性

HSPは自己犠牲もいとわないため、体が悲鳴をあげるまで頑張ってしまう傾向があります。

繊細で普段から疲労がたまっているのにも関わらず、なぜ限界まで無理をしてしまうのでしょうか?

良心的で責任感が強い点も関係していますが、実はHSPの頑張りの裏には、ある心理的な思いが潜んでいるのです。

この記事ではその想いにアプローチしていきます。

 

HSPは疲れ切るまで頑張ってしまう

パソコンと女性 疲れ

HSPは良心的で責任感が強いため、限界まで働きすぎる傾向があります

基本的にがんばり屋さんなので、繁忙期など状況的にやらなければならないときも率先して作業を負担し、周囲からは感謝されていることでしょう。

自己犠牲もいとわずに、手を抜かずにやるのがHSPの特徴でもあるので、疲れていても無理をして限界までやってしまいます。

端から端までていねいに作業をするので、残念ながら作業効率はあまりよくありません。

細かな事にも気づいてしまうため自ら作業量を増やしてしまったり、何度もチェックをして仕事が遅くなってしまうのです。

それでも手を抜こうとはせずに、残業をしたり徹夜をしてでもがんばります。

 

ただ、頑張っているわりには結果につながらないため、他人と比べて、

「どうしてみんなは手抜きなのに成果を出しているんだろう」

「ちゃんとやっても自分はこの程度なのか・・・」

と落ち込んで、またがんばってしまいます。

へこむくん
へこむくん
限界なんだけどね…
へこみちゃん
へこみちゃん
玄界灘なんだけどね ?
へこむくん
へこむくん
…。

 

体が悲鳴をあげるまで100%出し切る!

悲鳴をあげるライオン

 

HSPは人間関係や仕事であれこれと気を配るため、いつも心身ともに疲れやすく、神経をすり減らしています。

一日が終わったころには疲労がたまっているのが常ではないでしょうか。

にもかかわらず、自分のことは二の次にしてしまうため、無理に無理を重ねて体を壊してしまう人が多いのも事実です。

 

心身ともにクタクタに疲労困憊していても、自覚していないかのようにまたがんばってしまう姿は、自分を痛めつけているようにも見えます。

けれども、本人は100%出し切るまでやらなくてはならないと思っているため、疲れた体にムチ打って気力を奮い立たせてがんばるのです。

 

とても繊細な神経の持ち主がやることとは思えないほどの追い込み方ですが、なぜかHSPは体力、気力ともに使い切るまで働いてしまうのです。

へこむくん
へこむくん
実は体育会系なのか??
へこみちゃん
へこみちゃん
マゾなんじゃな~い?

 

どうしてHSPは限界まで無理をしてしまうのか?

 

青い壁の部屋でデスクワークをする女性

なぜHSPは無理をして限界までがんばってしまうのでしょうか?

他の記事でもご紹介したとおり、

・べき思考、白黒思考などの認知のゆがみ
・他人の評価を気にしすぎる

が原因だと考えられます。

頭をかかえる男性
【HSPの特徴】思い込みが強くなると偏った見方をしてしまうこの記事では、HSPがある一定の偏った考え方をしてしまう特徴について説明しています。 なぜHSPはネガティブ思考になってしまうのか...

 

この思いの根っこには、すべて自尊心の低さが影響しています。

自尊心とは

自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。

コトバンクより引用

 

自尊心ってそんなに大切なの?

自尊心がなぜそんなに大切なのかというと、自尊心が低いと自分で自分のことを認められなくなってしまうからです。

自尊心が低い ⇒ 他人に認めてもらいたい ⇒ 自分に高度な要求を課す ⇒ できないと自己批判して責める ⇒ さらに自尊心が低くなる

という魔のループに入ってしまうのです。

HSPはもともと真面目で良心的なので、サボってはいけない、ちゃんとやるべきと自分を追い込んでしまう傾向があります。

また、必死とも言えるほどの頑張りを見せるのは、上司や周囲の人からの評価を得たいという思いが潜んでいるためです。

自尊心が低いと自分のことを肯定できていないため、他人からの評価でその穴埋めをしようと無理をしてしまうのです。

 

 

「頑張ること=良いこと」じゃない時もある!

祈る女性 屋外

HSPが限界までがんばってしまう背景には、心理的に様々な思いが隠れていることがわかっていただけたでしょうか?

HSPは周囲の人の目を気にしてしまうところがありますから、周りから怠け者と思われないか、サボっていると思われないか、と心配になってがんばってしまいます。

また、頑張るのはいいことなんじゃないの? とつい肯定したくなりますが、ちょっと待ってください。

限界まで無理をしないと成り立たない仕事は、それ自体がおかしいですよね。

そこまで人手が足りないのなら人員を補充すべきですし、仕事の仕組みから変えるべきです。

それは、自分の体を壊してまでやるべきことなのか、胸に手を当ててよーく考えてみてください。

 

一度ブラックな業界で働き、体を壊して職を変えたことのある私からのお願いです。

周囲の目を気にするよりも、自分の心と体に耳を傾けてください

疲れは体からのサインです。

不健康だとパフォーマンスも落ちてしまいますし、定期的に休みを入れたほうが効率はあがることは科学的にもわかっています。

本当に限界までやる必要があるか、冷静に判断するようにしてください。

 

自分を繊細な植物をあつかうように、環境を整えて栄養や休息をとるなど、必要以上にケアをしてみてください。

HSPは人一倍、敏感ですが、心地よさを感じる能力もとびきりなんですから!

自分の体にスペアはありません!

どうか大切に扱ってあげてください。